東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「数千戸」という単位のプロジェクトが進行中である。しかも複数。

品川駅の東側などにも、続々とマンションが建設されている。

当然、供給者側も、無闇に建てているわけではなく、需要をきちんと見込んではいるだろう。

ただちょっと、「ブーム」になってきていることに、やや不安を感じる。

良質な物件がリーズナブルな価格で供給されるならば、それ自体は良いことである。

但し、マンションという「箱」だけで終わってしまわないことを願わずにいられない。街をきちんと作っていくことが重要。

先日新聞に掲載されていた政府調査結果によると、タワーマンションの住人の多数は、いずれは郊外に移り住みたいと考えているとか。疑問。

仮に、地域社会と溶け合わない住空間ができてしまったら、それはやはり閉塞感が充満せざるを得ないと思うが・・・・・・
関連記事

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして!TBさせていただきます。
ワタクシ東京で不動産会社に勤めております。
よかったら遊びに来てください!

いろいろな情報がある中で、
どれを選択することが自分にとって一番いいのか、、、
考え込んでしまいます。
確かに「箱」だけじゃなく、街というのは
生活の舞台として大切な要素ですよね。
2005/06/29(水) 10:45:45 | URL | Haru #-[ 編集]
こんにちわ。
そうですね。わたしも供給過剰だと思います。若い世代が、賃貸の家賃より安いローンで購入できますよというのが営業文句で、売れ行きも良いみたいです。実際は、そのマンションに永住する人は少なく、仕事の都合や、家族の事情などで手放したり、賃貸に出したりする可能性の方が高いです。しかし購入する若い世代は、将来の住み替えなどは考えずに購入します。結果、ローン破産をする人が増えています。今後金利の状況にもよりますが、金利は将来上がります。この低金利が10年後もつづくと思うほうが現実離れしているように感じます。
今の実情を考えると、これからますますローン破産は増えると思います。計画無しに、頭金¥0で購入する若い世代をみると怖いです。

私の考えですが、マンションを購入する基準は購入価格ではなく、貸した場合、いくらの家賃がとれて、ローンの返済金額をまかなえるぐらいの家賃がとれるマンションを購入するのが最低条件だと思います。

ファミリーマンションではありませんが、最近のシングル用マンションは、かなりおしゃれなマンションが建築ラッシュです。特に交通の便の良い都心はまさに分譲、賃貸両方の建築がすごいです。
2005/08/28(日) 19:16:23 | URL | 新米★サラリーマン大家さん #-[ 編集]
はじめまして。たいへん興味深く読ませていただきました。私は六本木ヒルズと佃にマンションを所有しておりますが、郊外に出たいと思ったことはありません。

マンションやフェラーリを現金一括で買うBLOGをやっておりますがよろしければTBおねがいします。
失礼しました。
2005/09/22(木) 13:39:22 | URL | 甲田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyo.blog2.fc2.com/tb.php/63-7e8b35ea
この記事へのトラックバック
Real estate Blog Alliance (RBA) ●『不動産Blog(ブログ)同盟/リンク集』http://www.fdj.com/discovery/blog_link.htmlに、16社が新規エントリーされました。不動産Blog(ブログ)同盟メンバーは、2005年6月19日現在で112サイトとなりました。今回のエントリー先には、
2005/06/19(日) 18:34:30 | Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』  編集長ブログ日記
ちょっと巷のウィークリーマンション、レンタルオフィスなる市場の調査をしてみたんですが、これが凄い。えっ?こんなにレンタルオフィスとかって需要あるの?と驚くぐらい物件数、関連サイト数ともにあるんですよ。よく新聞やチラシの広告などでも投資用マンションなど....
2005/07/03(日) 16:34:37 | ニュースヘッドライソ
 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。