東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2008年6月14日(土曜)、地下鉄(東京メトロ)の副都心線が開通した。

副都心線は、埼玉県の和光市駅から渋谷駅までを一本で結ぶ路線であり、東武東上線と西武池袋線がそれぞれ乗り入れる。数年後には、東急東横線も副都心線に乗り入れることが予定されている。

「東京で最後の地下鉄」などとも言われている。

和光市駅から池袋駅までの間は、従来も有楽町線が走っていたからそれほど目新しい感じはしないが、池袋駅から渋谷駅までの間は、正真正銘の新線であり、都心の西側の交通の流れを大きく変える要素を持っている。

副都心線の池袋-渋谷間は、ほぼ明治通りの下を走っているが、これまではこの路線の工事のために明治通りおよび周辺道路に慢性的な渋滞が生じていた。地下鉄開通とともに、工事がなくなり、路面がスッキリすることも、歓迎すべきことである。

さて、6月16日の月曜日の夕方、仕事の帰りに試しにこの副都心線に乗ってみることにした。

銀座線の渋谷駅を出て、副都心線の乗場を探す。茶色のリングの案内表示は出てはいるのだが、慣れないためか、その表示自体もやや発見しづらい。

明治通りだから、渋谷駅の東口方面に出れば良いはずだろうと思って降りていく。地下に潜ると、新しいコンコースにつながる。もちろん、地上3階にある銀座線と、地下の副都心線とは、改札外の乗り換えである。ちなみに、半蔵門線(東急田園都市線)のホームと副都心線のホームとは、同一改札内に有る。

新路線だけあって駅がキレイなのは良いのだが、とにかく、ホームは深い(地下5階か?)。新しい路線は、基本的には既存路線よりも深く潜らなければならないのは理屈では理解できる(確か、半蔵門線の渋谷駅ホームは地下3階くらいであり、それとほぼ直角にクロスする副都心線がそれよりさらに深くなるのは当然といえば当然)としても、こんなに深くてはちょっと使いづらい。この深さは、並行するJR山手線に対しては、大きなディスアドバンテージになる。

ホームのレベルまで降りてみた。地下の巨大な空間が現れる。2面4線の広々としたプラットホームである。今は両外側の2線だけが使われており、内側の2線は使われていない(しかし、そこにも線路は引かれている)。そしてその内側の2線を跨ぎ、両面ホームつなぐような構造物が設けられているので、現在は、仮想的に1面2線のホームとなっている。実に広々とした空間である。まだ開業して3日目(そして、最初の平日)であるため、人々は物珍しそうにホームや電車を見ている(私も、そのうちの一人)。

やってきた電車に乗ろうとして、その電車が「池袋行」であることに気付いた。あれ? そういう区間運転の列車も設定されているのかな(JR埼京線にも、池袋発新宿行などという電車が有るように)と思ったのだが・・・・・・

「開通した副都心線(東京メトロ)に乗ってみた記録(2)」に続く)


関連記事:
副都心線 渋谷駅 by 安藤忠雄
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyo.blog2.fc2.com/tb.php/170-03040b5e
この記事へのトラックバック
 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。