東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プラウド松濤(東京都渋谷区松濤 新築分譲マンション)
Proud Syoutou


「すべてが美しい都心へ」。渋谷駅の雑踏から、東急百貨店本店を抜けると、邸宅の並ぶ住宅地に入る。旧・都知事公館、観世能楽堂、戸栗美術館などのならぶこのあたりは、松濤一丁目。渋谷駅から徒歩8分という距離にあって、この閑静な住宅街。江戸時代には、紀伊和歌山藩徳川家の下屋敷が所在したこの地域。その歴史を継承する。時を超えて美を継承・追求する街。

渋谷区立鍋島松濤公園も近い。

第一種低層住居専用地域であるため、この環境は将来も維持される。地上3階建てのこの物件は、敷地面積1516.14平方メートル。建築延床面積は4744.41平方メートル。

デザイン監修は、内井建築設計事務所の宮澤俊一 氏。

総戸数21戸で、間取りは、2LDK(+サービスルーム)から3LDKまで。専有面積は、119.75平方メートル~165.09平方メートルと、余裕の設計。建物竣工は2008年9月の予定、入居開始は2008年11月の予定。

販売予定価格は1億8500万円~6億円。最多販売価格帯は、2億円台および3億円台。2007年6月9日、モデルルームがオープン。2007年6月下旬、販売開始予定。
[プラウド松濤(東京都渋谷区松濤 新築分譲マンション)]の続きを読む
スポンサーサイト

 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。