東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2006年4月13日に三鬼商事が発表したところによると、東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷の各区)のオフィスビル需要は拡大し続けている。

同社発表によると、3月末時点の平均空室率は3.41%で、前月比0.26ポイント下落。前年同月比では2.1ポイントの下落。

これで、空室率は9ヶ月連続で低下し続けている。ここ3ヶ月(2006年1月~3月)で空室面積が52,000坪減少したとのこと。

また、今後についても、オフィス需要の拡大傾向が持続するとの見方が示されている。


当ブログ筆者が仕事をするオフィスも、この都心5区の中に存在しているが、比較的年数のたった建物であるにも関わらず、2~3年前と比べて10%以上の賃料増額がオーナーから求められている。その周辺地域も、再開発が進んでおり、複数の高層オフィスビルが来年(2007年)完成する予定であるが、それらの賃料も従来の感覚と比べると非常に高い。それでも入居希望の床面積は建物床面積の数倍程度とのことで、オーナー側は価格設定においても非常に強気であると共に、入居企業を「選別」する作業を行なっているようである。

これら不動産需要の高まりにより、都心の利便性の高い地域での住宅建設が2000年頃と比べるとやや困難になってきているようでもあり、当ブログのコンセプトである「都心生活」の選択の幅が狭まりそうなのは、やや残念なことである。

スポンサーサイト

 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。