東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ちょっと前に、新築マンションのモデルルームを見に行ってきた。

今住んでいるマンションを買ってからまだそんなに年数が経ってないから、すぐに本気で移りたいというわけでもないのだが、あと何年かしたら、もう少し広いところに移ってもいいかなと思ってるし、あとは、まあ、いろいろと最近の傾向などを見ておくのも悪くはないと思ったし。こういうブログも書いていることだし。

見てきたマンションの販売センターとモデルルームは、都心部の建物の中にある。物件そのものは現在建築中なので、当然、まだ中には入れないのだが、その販売センターからは歩いて10分程度。

当たり前のことだが、建設現場の周辺も歩いてよく見るべき。

販売センターの中には、航空写真とか建物模型とかパースとか、イメージを伝える情報は豊富にあるのだが、それで現場の感覚を100%把握できるわけでもないし。

今回見たマンションはそんなことはないのだが、中には、様々な理由で現地を見せたがらない販売業者もいるとのこと。

販売センターでは、ビデオを見て、一通り説明を聞いて、そしてモデルルームを見学。モデルルームは2タイプ用意されていた。

高層マンションなので、モデルルームの窓に相当する部分には、外の夜景の写真がはめ込まれている。リビングなんかの雰囲気も超豪華で、部屋の端のほうに置かれたソファに身体を沈めてみると、部屋がすごく広く見えて、いま入ってきたドアや壁は遥か彼方。こうやって、夢を売るという販売戦略がよくわかる。

でも、キッチンとリビングとを仕切る壁が本来あるはずのところで、そのモデルルームでは壁が取り払われていたり(オプションとして壁を取ることはできるらしい)、「嘘」ではないにせよ、様々な仕掛けが施されていて、それを冷静に見ることも必要かな・・・と。

調理用のガスレンジなんかも、見た目はカッコイイけど日本の家庭では使いにくそうなのが据え付けられているし(これもオプション)。

ちなみに、このモデルルームに施されているオプションを全て実施するといくらくらいになるのかと、販売員さんに尋ねてみたところ、答えにくそうに「1000万円を少し超えます・・・」とのこと。

物件価格が1億円を超えているので、1000万円って高々10%程度、と納得しそうになるけど、でも、オプションだけで1000万円って、あまり現実的な感じがしない・・・ と思えてしまうのは、私の貧乏根性の故なのか?

というわけで、頭の中で、オプションを施さなかったときの部屋のイメージを想像しながら、その部屋を見直したりしていた。

冷静さは必要です。モデルルームに入るときには。


[モデルルームとオプション価格]の続きを読む
スポンサーサイト

パークハウス常磐松(渋谷区東 分譲マンション)
Park House Tokiwamatsu


所在地:東京都渋谷区東4丁目101番51(地番)
最寄駅:表参道駅(東京メトロ半蔵門線,千代田線,銀座線)
最寄駅:渋谷駅(JR山手線)
最寄駅:渋谷駅(東急東横線)

竣工:2007年4月(予定)

案内サイト:http://www.tokiwamatsu.com/

コメント:
渋谷区内では実は巨木が多く保護されており、それらは区の指定を受けている。
で、代価壱千両の伝説、だそうである。

2006年4月26日付の日本経済新聞 1面トップ記事によると、日本郵政が、住宅ローンを含む個人向け融資への参入を企画しているとのこと。

日本郵政は、現段階では、郵政民営化の準備企画会社。


ベイクレストタワー 記事参照
東京都港区港南3-1-2


COSMOPOLIS品川
東京都港区港南3-8-2


World City Towers キャピタルタワー 記事参照
東京都港区港南4-14-1他


カテリーナ三田 タワースイート 記事参照
東京都港区芝4-136-1


パークマンション白金台サンク
東京都港区白金台5-253-1


D'グランセ白金 記事参照
東京都港区白金3-82-7


シティタワー高輪
東京都港区高輪1-23


パークホームズ六本木乃木坂 アーバンレジデンス
東京都港区六本木7-206-12他



2006年4月13日に三鬼商事が発表したところによると、東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷の各区)のオフィスビル需要は拡大し続けている。

同社発表によると、3月末時点の平均空室率は3.41%で、前月比0.26ポイント下落。前年同月比では2.1ポイントの下落。

これで、空室率は9ヶ月連続で低下し続けている。ここ3ヶ月(2006年1月~3月)で空室面積が52,000坪減少したとのこと。

また、今後についても、オフィス需要の拡大傾向が持続するとの見方が示されている。


当ブログ筆者が仕事をするオフィスも、この都心5区の中に存在しているが、比較的年数のたった建物であるにも関わらず、2~3年前と比べて10%以上の賃料増額がオーナーから求められている。その周辺地域も、再開発が進んでおり、複数の高層オフィスビルが来年(2007年)完成する予定であるが、それらの賃料も従来の感覚と比べると非常に高い。それでも入居希望の床面積は建物床面積の数倍程度とのことで、オーナー側は価格設定においても非常に強気であると共に、入居企業を「選別」する作業を行なっているようである。

これら不動産需要の高まりにより、都心の利便性の高い地域での住宅建設が2000年頃と比べるとやや困難になってきているようでもあり、当ブログのコンセプトである「都心生活」の選択の幅が狭まりそうなのは、やや残念なことである。


 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。