東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
青山 ザ・タワー(港区南青山 分譲マンション)
AOYAMA the TOWER

所在地:東京都港区南青山2丁目552番1他(地番)
最寄駅:外苑前駅(東京メトロ銀座線)
最寄駅:表参道駅(東京メトロ千代田線,銀座線,半蔵門線)
最寄駅:青山一丁目駅(東京メトロ銀座線,半蔵門線、都営地下鉄大江戸線)

竣工:2004年6月(完成済)
特記事項:販売価格2億円以上の住戸あり

案内サイト:http://www.aoyama-exe.com/

コメント:
野村不動産の高級都心マンション、青山ザ・タワー。
総戸数147戸のうち、キャンセル物件1件(23階建の22階)のみ、先着順(即入居可)で販売中。
専有面積は161.31平方メートル。価格は2億9800万円。
外苑前駅の南側。近くには、青山霊園、秩父宮ラグビー場、神宮球場など。
南側は、青山霊園、東京タワー、六本木ヒルズなどを見渡せる眺望。
1階には、コンシェルジュサービスあり。
「青山の中心に建つ、青山エグゼのためのタワー邸宅」とのこと。



スポンサーサイト

私が以前に書いた記事「都心でどう快適に暮らすか/目黒孝一氏」に対して、不動産購入応援ブログ:終の棲家は「まちなか」(日本経済新聞より)をトラックバックしていただいた。

2005年5月29日の日本経済新聞の記事「終の棲家は『まちなか』」を引用されている。

この新聞記事は見逃していたので、さっそく読んでみた。

内容は、不動産購入応援ブログの中でも要約されているのでここでは省略するが、要は、子育てを終えたシニア世代の夫婦が住む場所として、郊外の一戸建てよりも都心のマンションを選択する傾向が出てきたということである。

これは、東京に限らず他の都市でも同様のことが起きている。

つまり、「郊外一戸建て」を理想とする従来型のモデルが見直されているということ。

そもそも、人は都市に住む(つまり都市を形成する)習性を持っている。なぜ、人が都市に住みたがるのか(つまり密度均一に分布せずに地理的に偏在したがるのか)というのは、ひとことで言えば「文化」であろう。

まあ、これは、大きなテーマなので、また追って少しずつ書いていきたいと思う。

トルナーレ日本橋浜町(中央区日本橋浜町 賃貸マンション)
Tornare Nihonbashi Hamacho

所在地:東京都中央区日本橋浜町3丁目5番30(住居表示は未定)
最寄駅:水天宮前駅(東京メトロ半蔵門線)
最寄駅:浜町駅(都営地下鉄新宿線)
最寄駅:人形町駅(東京メトロ日比谷線,都営地下鉄浅草線)
竣工・入居:2005年9月から入居可能
特記事項:60平米以下の住戸あり

案内サイト:http://www.n-tower.com/

コメント:
2005年秋完成を目指して建設中の大規模賃貸物件。
地上18階・地下2階のオフィス棟と、地上47階・地下2階の住宅棟で構成される超高層プロジェクト「トルナーレ日本橋浜町」。
住宅部分は、UR賃貸住宅(旧・都市公団賃貸住宅)。
2005年5月中旬から、会員向けに、モデルルーム先行案内。
総戸数558戸、募集戸数369戸。
間取りは1K~3LDKで、広さは44平方メートル台~91平方メートル台。
立地としては、隅田川、浜町公園、明治座などに近い。


The Towers Daiba(港区台場 分譲マンション)
ザ・タワーズ台場

所在地:東京都港区台場2丁目15番1他(地番)
最寄駅:お台場海浜公園駅(ゆりかもめ)
最寄駅:東京テレポート駅(臨海副都心線線)

竣工:2006年6月(予定)
特記事項:60平米以下の住戸あり

案内サイト:http://www.towersdaiba.com

コメント:
33階建てツインタワー。ゆりかもめ、お台場海浜公園駅から徒歩2分。総戸数 525戸。先着順で2戸販売中。マンションギャラリーは2005年5月8日でクローズ(?)。

303 販売価格:3410万円 専有面積:50.86平方メートル
617 販売価格:4260万円 専有面積:59.62平方メートル

 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。