東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
この本に書かれている情報がやや古い気がするが、参考までにあげておく。

「都心マンション」成功する選び方 小学館文庫
岩上安身・著, 明日の住まい研究会・著

2001年3月出版

内容
第1部 戦略編
  都心回帰時代のマンション購入作戦
  都心回帰、マンション・ブームは本当か?
  住まいの「使用価値」と「交換価値」 ほか
第2部 実践編
  「安近広」になった新築マンション
  "メーカー(ディベロッパー)"の見極め方、つきあい方
  新世代マンションはここがポイントだ ほか
  住み心地をアレンジする中古マンション
  中古マンション購入は"ハンティング"だ!
  S氏の中古物件購入記 ほか
付録 新築マンション物件情報


Amazon.co.jpより;
東京都心にマンションを購入する人が増えている。地価の下落、企業の「資産リストラ」による大規模マンションの誕生などで都心に住むことはもはや夢物語ではなくなった。とはいえ、終身雇用神話も崩れ、超少子高齢化に向かう不安な時代に住宅を購入するメリットはあるのだろうか。東京はどのように変貌していくのか。「近い、広い、低価格」の新世代マンションははたして今が買いなのか?「都心回帰」と「マンション・ブーム」の現象を掘り下げるとともに、物件選択、資金づくり、リフォームなど新築・中古それぞれの具体的な賢いマンション購入法を検証する。


スポンサーサイト

都心に住むことの大きなメリットは、通勤である。

経営者であってもサラリーマンであっても、仕事をしている限り、通勤をどうするかと言う問題がつきまとう。

単なる移動としての通勤の時間は、基本的には短ければ短いほど良い。究極の短時間通勤は「自宅=職場」(つまり通勤時間ゼロ)としてしまうことだが、それができる職種や事業規模は限られてしまう。

通勤には、単なる移動以外にも、オンとオフの切り替えのための時間という意味もあるだろう。この切り替えのために適切な時間はどれくらいだろうか。最低でも15分くらいはあったほうが良い? 1時間以上となると長すぎる気がする。

通勤途上で立ち寄れる場所が普段の生活と結びついているとなお良い。人それぞれだが、書店、レストラン、映画館、フィットネス、・・・。遅くなったときには気軽にタクシーに乗って帰宅できるようなロケーションだとさらに良い。

こう考えていくと、すべての条件を満たす理想的な通勤をするというのは難しいかもしれないが、多くの人が、これらのことを総合的に考えながら住居を選んでいるのだろう。

他のブログにも参考になることが書かれている。
真ん中:日常よく聞かれること
  満員電車通勤を避ける
美的人生は、モノローグ:どこに住むか?
  仕事上の利便性、経済性、顧客に対するイメージ
Love Like Live!:自転車通勤
  自転車も良い、運動にもなるし

カテリーナ三田タワースイート(港区芝 分譲マンション)

所在地:東京都港区芝4丁目136番1(地番)
最寄駅:三田駅(都営地下鉄三田線,都営地下鉄浅草線)
最寄駅:田町駅(JR山手線)

竣工:2006年11月(予定)
特記事項:販売価格1億円以上の住戸あり
特記事項:60平米以下の住戸あり

案内サイト:http://www.c-mita.com/

コメント:
三田駅からすぐの位置に誕生する総戸数752戸、地上36階建のタワー型マンション。山手線の東側(大手町、銀座、汐留など)への通勤に便利。価格帯は3000万円台から1億8000万円台まで。

【住宅ローン】

三菱信託銀行が、「住宅ローン夢の金利キャンペーン」を行なっている。

2004年12月に適用する金利の場合、
当初10年間金利固定のタイプで、年2.2%
当初5年間金利固定のタイプで、年1.4%
当初3年間金利固定のタイプで、年0.95%
いずれも、団体信用生命保険付である。

キャンペーンの対象は、2005年3月31日までに申し込み、同年4月28日までに借り入れの場合。
新規融資だけでなく他行からの借り換えもキャンペーンの対象になるようである。

なお、このキャンペーン利用者には、当初の固定金利期間終了後も、完済までずっと、店頭表示金利よりも優遇された金利が適用になる。

詳しい情報は、
http://www.mitsubishi-trust.co.jp/ で。

この記事は、公にされている情報に基づいて書いていますが、その正しさを保証するものではありません。詳しいことは、関係各社又は機関等にお問合わせください。

【住宅ローン】

新生銀行が住宅ローンの特別金利キャンペーンを実施している。

条件付き特別金利である。当初5年間の借入金利は年1%となるが、途中、長期国債の流通利回りが一定の水準に達した場合はこの金利は年1.9%に変更される。

その他、繰上げ返済手数料無料、保証料無料、保証事務手数料無料という特徴がある。

期間限定で、2005年3月31日申し込み分まで(融資実行が同年4月28日まで)。

詳しい情報は、
http://www.shinseibank.com/

この記事は、公にされている情報に基づいて書いていますが、その正しさを保証するものではありません。詳しいことは、関係各社又は機関等にお問合わせください。

 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。