東京都心生活

都心生活: 住む場、生活する場としての東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区に関するサイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
住宅金融公庫が2006年11月2日(木)に発表したところによると、民間金融機関と提携している長期固定金利住宅ローン「フラット35」の11月の適用金利平均が3ヶ月びりに上昇し、3.260%(前月比0.167%上昇)となった。これは、2004年9月の3.370%以来、2年2ヵ月ぶりの高い水準。

最高金利は常陽銀行(本店:茨城県水戸市)の3.750%。
最低金利は日本住宅ローン(本社:東京都文京区)の2.950%。

--

また、住宅金融公庫は、11月6日の申し込み分から適用する直接融資の金利を引き上げる。基準金利で現行の3.60%から3.77%に、0.17%の上昇。これは、1995年5月の3.80%以来、11年6ヵ月ぶりの高い水準。

長期金利の上昇傾向が感じられるニュースである。
[住宅ローン金利上昇 フラット35など]の続きを読む
スポンサーサイト

2006年4月26日付の日本経済新聞 1面トップ記事によると、日本郵政が、住宅ローンを含む個人向け融資への参入を企画しているとのこと。

日本郵政は、現段階では、郵政民営化の準備企画会社。


ソニーバンクが、2005年6月30日まで住宅ローンの金利優遇キャンペーンを実施している。

キャンペーン期間は、2005年6月30日まで。

キャンペーンの対象は、期間中に仮審査申し込みを受け付け、2005年4月1日から2006年3月31日までに借り入れる住宅ローン。

キャンペーン内容としては、住宅ローンの借り入れ期間中、全金利タイプでソニーバンク標準の住宅ローン金利から一律0.7%(年利)優遇。

キャンペーンの詳細は、
http://moneykit.net/visitor/pdinfo/pdinfo03.html

〔注意〕
・キャンペーン期間中に、金融情勢等によっては本キャンペーンの優遇金利幅を変更する場合がある。
・すでにソニーバンクで借り入れている住宅ローンの借り換えには優遇適用不可。
・金利情勢等により、キャンペーン期間終了後も本キャンペーンの取り扱いを継続する場合や、本キャンペーン内容を見直す場合がある。また、予告なく取り扱いを中止する場合がある。

といったことなど、詳細については、確認の必要あり。

この記事は、公にされている情報に基づいて書いていますが、その正しさを保証するものではありません。詳しいことは、関係各社又は機関等にお問合わせください。


東京三菱銀行(Bank of Tokyo Mitsubishi)が、住宅ローンの金利優遇キャンペーンを実施している。

金利プランは、全期間固定金利型と当初期間固定金利型の2種類。

平成17年(2005年)2月に適用されるキャンペーン金利は、借入期間或いは固定期間に応じて下記の通り。

全期間固定金利型では、
借入期間3年・・・年0.85%
借入期間10年・・・年1.9%
借入期間20年・・・年2.6%

当初期間固定金利型は、借入期間最長35年で、
当初3年固定・・・当初、年0.95%
当初10年固定・・・当初、年2.0%
当初20年固定・・・当初、年2.7%

平成17年(2005年)3月31日までに申し込み、同年4月28日までに借入となる場合にキャンペーンの対象となるが、金利は毎月見直され、申し込み時ではなく借入時の金利が適用される。

詳しい情報は、
http://www.btm.co.jp/cam_info/0404_jutaku/index.htm で。

この記事は、公にされている情報に基づいて書いていますが、その正しさを保証するものではありません。詳しいことは、関係各社又は機関等にお問合わせください。

 ©  Copyright 2004-2007
東京都心生活プロジェクト
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。